2017年04月22日

のんびり休日

桜も咲いて天気も良い土曜日。
色々出かけたいと思い立って車に乗ってお出掛け。

54820268-1617-42AA-B4FD-1DB60AFAAE6B.jpg
まずは諏訪にある貞松院(ていしょういん)。
初代高島藩城主諏訪頼水夫人の貞松院の廟所であり
徳川家康の六男、松平忠輝公菩提寺の貞松院にて寺宝特別公開をしていました。

FA3E6AF6-22DD-4EC3-857B-51C2DE70525D.jpg
710BFEDA-74F6-41CF-B16C-73E51384BAB2.jpg
ECD231BE-B67B-445E-B97C-BE10A0EF0FEC.jpgD51ADF49-8AD4-4828-BCA0-255BF31D90DE.jpgD4759846-E315-4229-9625-DA97A0A2E4DA.jpg84327EF4-E94C-4970-A402-C571F5F95962.jpg

普段見ることのできないまさにお宝。

54EA1771-0885-4E17-8EBA-56FB03863AFC.jpg
そして諏訪氏の天然記念物にも指定されている延命桜(枝垂れ桜)。

そして次に岡谷に向かう途中で横河川の土手の桜が見事なので立ち寄らずにはいられず。
659406B4-12C0-4723-9D1B-A0BF0EE0E7D6.jpg3CDA78A3-3D9D-43FF-8C49-99A26F2EAE45.jpgCA4CD5D7-24A9-4B8B-87C0-4F0D3A84E2E6.jpg7DA8498D-DB51-4A7F-B908-2F1B4402F9A0.jpg829C99F1-D35C-4EA8-A835-363E38CCC280.jpg
桜並木を川沿いにお散歩。
桜のトンネルのような土手を遡り対岸からまた戻ってきました。

そしてちょうどラジオを聴きながらすでに始まっていた地元コミュニティFMの開局記念な公開生放送を見にレイクシティ岡谷へ。
6FDBD67E-E552-4739-B3F5-FE24A9FDB909.jpgF4AA107B-2AC3-47C9-B3EF-53544CE39474.jpg139965D8-A173-473D-AA41-B89629409D3A.jpg496E1F29-72CF-40F2-8313-546EB8560348.jpg9BB32ECE-36D8-47DC-80A2-63BC4FC44B43.jpg

ライブありトークあり、とても楽しい時間を送ることができました。
番組はLCV FM公式アプリからも聴くことができ
ます!

魁ジャンクスリープは毎週水曜深夜 24:00〜25:00(再放送)毎週土曜 21:00~22:00 。

諏訪湖をぐるっと回って帰ってきましたが最後は西山公園も見て帰りお花見の休日になりました( ´ ▽ ` )ノ
88A6A68D-46B5-4345-BD56-EDC6627E88EB.jpgBDBC4936-DCF7-4276-92B6-E7D48A03CDD6.jpgEDACA14E-26E4-4B6B-8F0B-E19C99B6CBA2.jpg
posted by zawatch at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 休日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月21日

iRobot ルンバ980当選

以前登録していたiRobot社のファンプログラムで募集していたファンプログラムで
なんとルンバ980が当たってしまいました!
http://www.irobot-jp.com/fan/index.html
ファンプログラム登録は↑こちらから。


IMG_4582.jpg
外箱もiRobotと書かれていて存在感もあります。
そして段ボールから取り出すと。。。

IMG_4585.jpg

本体の写真が入ったパッケージ!
おおっ!なんて眩しいのでしょう!(大げさ)

パッケージに手紙が入っていたので開封前に早速読んでみることに。
IMG_4583.jpg

3ヶ月くらい使用してレポートを提出するようなモニター募集と思っていて
届いてみて手紙を見てビックリです。

「永久モニター」!?


ここ最近色々当たっている中でも高額当選でしたし正直震えが出るほどでした…(^◇^;)
まさかこんなに凄い物が当たってしまうとは。。。

こんなにするのね!!!(゚ロ゚屮)屮
アリガタヤアリガタヤ…

早速パッケージから取り出します。

IMG_4586.jpg
こちらがルンバ980本体。
黒の本体で掃除機と思えないくらいにスタイリッシュでカッコイイ。
どちらかというとガジェットですよね(大好物)。
そしてなによりロボット掃除機ルンバの中で、この980はハイエンド機種になるそうです。
エラい物を当ててしまったとちょっと胃がキリキリしてしまいました…(苦笑)

IMG_4587.jpg
こちらがルンバのお家でもあるホーム電源。
本体の半分くらいのスペースの充電台に乗るイメージだったのでこんなにコンパクトな物なのかと驚きました。

早速使ってみようと思いながら説明書を読んで、Wi-Fi設定、機能の設定などをアプリから行います。
(iRobot Homeアプリダウンロード/iOS版Android版
その他、これ以上入らないように見えない壁のバーチャルウォールも同梱されています。
(この辺はまた設定の記事など書けたら書いてみたいと思います。)

正直興味は持っていたけど部屋が散らかっている上に段差がある部屋だとダメじゃないかなと思っていたり
フローリングの部屋向けの掃除機だよなと思っていました。
ところが裏返してみるとタイヤが結構大きくて多少の段差や質感の違うカーペットやラグも立ち往生することは見受けられませんでした。


起動中の動画を撮ってみましたが充電台へ戻ろうと必死に試みるのも思わず応援してしまいます(笑)
軽い充電台なのでコツンと当たるとずれてしまうし壁に対して置くのが良いのだと思います。

これから部屋の掃除もルンバのお陰で捗りますし、
ルンバが掃除をしてくれるためになるべく床面は物を置かないようにと思いました(^_^;

あ、ちなみにルンバに名前を付けられるのでアプリから命名しましたよ。
IMG_4599.jpg

みくりさんです(*ノωノ)
(逃げ恥最終回見ながら設定してたら当然というかなんというか…w)
posted by zawatch at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ルンバのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月19日

関取花「君の住む街」

諏訪圏フィルムコミッションさんのFacebookにて情報を知り、
関取花さんのMVで諏訪が使われているということで早速見てみました。



現在も公開中の「バースデーカード」は諏訪地域でロケで住んでる地域が映画になっていたことも嬉しいことでしたが、こうしてミュージックビデオにもなって配信されているというのは嬉しく思いました。
コスモスの咲く季節に御柱の飾り付けの残る風景を見ると今年の初秋の頃に撮影されたのでしょうね。
下諏訪の漕艇場あたりと思われる湖畔や、諏訪を見下ろす立石公園を俯瞰に諏訪湖を背景にした夕焼け。
地元に住んでいながら映像と歌声に心が洗われるような、そんな気がしました。

見慣れた風景ではありますが地元が素材に使われているとまるで別の処に来ている気がします。
ぜひ諏訪にお越しの際はこの風景をぜひ訪ねて頂きたいと思います。




君の住む街
\ 1,000
DISC 1
1.君の住む街
2.べつに
3.レイミー
posted by zawatch at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 諏訪のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月11日

「ナビうま ハンドルリモコン for Yahoo!カーナビ」購入

世間はちっさいファミコンやポッキー(プリッツも)で盛り上がってますが、
本日11月11日は待ちに待ったこちらの「ナビうま ハンドルリモコン for Yahoo!カーナビ」でもあります!
ニュースを見るなり待ってましたとばかりに購入。そして本日無事到着しました。

IMG_4413.jpg

IMG_4414.jpg
蓋を開ける前に商品の特徴がパッケージにも書かれています。

運転中のナビはタッチパネルで地図の大きさを変えるくらいならできますが
あまり注視すると危険なのでカーナビの様にリモコンがあればなと思う時が多々ありました。
まさに待ちに待っていたものですし、無料でアプリが使えるのだからこの金額(6,480円/税込)なら
今まで利用してきた分も含めても十分元が取れる金額です。

リモコンは充電式ではなくボタン電池(CR2032)。
IMG_4415.jpg
使用時間は、常時電源ONモードで約5ヵ月〜7ヵ月、スタンバイモードで約10ヵ月〜12ヵ月。
運転していないときはスリープに自動的に入るそう。

IMG_4417.jpg
ハンドルに装着するとこんな感じ。
ベルトはゴム製なのでややボタンを押したときに動く印象ですが、
まだ実際に運転しながらナビを試せていないものの片手で操作はしやすいインターフェースです。

IMG_0141.jpg

IMG_0142.jpg
リモコンの登録はBluetoothをONの状態でリモコンのOKを長押ししてLEDが点灯している状態で
Yahoo!カーナビの設定のリモコンの登録画面から。



実際の利用は車からはまだですが、方向や決定などは簡単になっています。
また、音声認識での検索もできるのでさながらSiriボタンがハンドルに付いたような形になります。

カーナビを買うまでには至らないものの、スマホナビはタッチパネルのみのインターフェースで
最近特にPokémon GOの操作中の事故も増加しつつあるので、
なるべくハンドルから手を離さずにナビの操作も可能になったのでドライブがまた楽しくなります。


 

posted by zawatch at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Gadget | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月08日

諏訪大社御柱祭 里曳き(1日目、2日目)

5月の3日から5日にかけて諏訪大社上社の里曳きに参加してきました。

全国ニュースになってしまったので既にご存じの方も多いと思いますが
5月5日の最終日、諏訪大社上社本宮(かみしゃほんみや)の境内において
本宮一の柱を担当していた豊田・四賀地区の氏子の方が
建て御柱を終えて柱に巻かれた足場などを撤去作業中に落下して亡くなられました。
隣の本宮二の柱を担当していたので、音は聞こえなかったものの
パトカーが境内にいることが何か不安に感じておりましたが大変残念な結果となってしまいました。
亡くなられた氏子の方のご冥福をお祈りいたします。

前回の諏訪大社下社春宮で2名亡くなって今回もこのような悲しい事態に
特に今回は隣ということと同じ諏訪市内の氏子ということが特に衝撃が隠せません。
来週は下社の里曳きも行われ、今回の件でさらなる注目されてしまうと思い
3日間氏子だけでなく参加される方が1人の怪我なく終えられることを願うばかりです。

悲しいことは決して取り返すことのできないことですし、
次回以降も安全で全員が最後まで楽しめる御柱祭になればと思い今回氏子として参加した
中の人からの写真(神事中や曵行中の重要部分はカメラ出してる場合でありません)をお届けしたいと思います。

御柱 - 1.jpg
まず、前回の山出しにて川を渡った御柱は御柱屋敷でで木の皮を剥ぎます。
今までは境内について建て御柱の時に皮を剥いでいましたがスケジュール等の統一で
こちらは最初に皮むきをした状態で里曳きを迎えることになったとのこと。
早朝に御柱屋敷に集合して、綱やメドデコを取り付けて朝の神事を待ちます。

御柱 - 2.jpg
綱渡りの神事を終えて御柱屋敷を出発。
が、なかなか柱が進まずにほんの数メートル先の安国寺の交差点までがなかなか出れず
しばらく苦労してようやく抜け出せてそこからいよいよ本宮に向けての曵行スタートです。
良く晴れた天気の中で氏子衆のヨイサヨイサのかけ声やラッパ隊の演奏で進みます。

御柱 - 3.jpg
山出しに比べると里曳きは距離も短く、2日掛けて上社本宮まで引きつけるのですが
その距離5km弱。普通に歩いても1時間もあればたどり着いてしまう距離を行くので
沿道でメドデコを左右に揺らして練ったり、メドの一番最上部の氏子がシャチホコをしたりと
周りで見ている人も写真を撮ったり盛り上がります。

2日目。
初日の最後の方は曇り空でやや風も出てきていましたが夜からポツポツと雨が降り、
2日目の朝方は雨が降り出してしまいました。。。
その雨の中、交通規制がかかるまで柱の横で待機していると
青空が雲の隙間から見え始め、神事が始まる頃には昨日以上の晴れの天気に。

御柱 - 4.jpg

御柱 - 5.jpg
てっきり雨だからと日焼け止めもせずにいましたが見事な青空に汗ばむ陽気で
この日で見事に顔が真っ黒になるほど日に焼けました(^_^;
鼻の頭はすっかり赤くなってしまうし、御柱休めの時の日焼けからやっと白くなりかけていたのに(笑)

2日目はいよいよ神社参道の宿場街のある集落に入り、要所となるところがいくつか出ています。
若宮社の鳥居、階橋(きざはし)とこの2つは正面から突っ込むとメドデコが鳥居に引っかかってしまうのです。
そこでいかにして交互に突入し、左右をうまく上げ下げするかが勝負となります。
自分の担当してた追い掛け綱も左右に上手く振って行かねばなりません。
また最後の階橋では鳥居の前に階段となる橋をのぼり、鳥居をくぐったら今度は一気に階段を下ります。
ここで必要となるのは後ろからのブレーキ役となる追い掛け綱。
木落しや川越しでも使った太いマニラロープを柱に繋いで後ろから綱引き状態です。
圧倒的に先の綱の方が人数もいるし、追い掛け綱の担当は中洲と湖南を合わせても50人もいるかいないか。
何とか耐えるというレベルで階橋から鳥居を降りるまでこの日最後の力を振り絞るようにして引っ張りました。

階段から1段ずつ降りる際のゴツ!ゴツ!という音が間近で聞こえてくるほどに
人が乗っていることも多少はありますが引いている本宮二の御柱が巨木であるかを実感します。

御柱 - 6.jpg
そして無事に最後の階段も降りた時には若干の安堵感。

御柱 - 7.jpg

御柱 - 8.jpg
ところがここに引きつけたからこの日の日程が全て終わるという訳ではなく、
本宮二の後ろにいる、三の柱と四の柱がこの階橋を通り我々のいる境内を通って上に上がっていきます。
その時の様子がこちらの2枚の写真で、本宮三の大総代と、背中に仕掛人と書かれた半被の氏子が
階橋から降りてきて本宮二の大総代の前にやってきます。

本宮三の大総代が本宮二の大総代にここを通らせてくれというやりとり、
そして米俵とお酒。こちらの贈り物を受けて通行の許可が出たところで全員で歓迎モードに。

御柱 - 9.jpg

御柱 - 10.jpg
柱を本宮一への道のりへ進ませてメドデコを外す作業となりました。

この時点で昼の3時半頃と割と早く終わったし、この日の終了予定時刻の17:30まで2時間あれば
後ろの2本の柱も通ってくれるんだろうな…と思ったのがやや甘いことでした(・∀・)

本宮三は階橋を降りて頭をこちらの方向に曵行し、メドを抜いたところで元綱を前後逆に付け替えて
後ろからそのまま上へと上がっていきます。
そして、本宮四が来る頃には段々薄暗くなり、階橋にやってくることになると境内に照明が灯ります。

御柱 - 11.jpg
最終的に本四が上に向かって本宮二の柱を翌日の建て御柱の位置まで引きつけたた時には
すでにこんな真っ暗な状態に(^◇^;)

追掛綱で仕事をしたこともあったからなのか、それとも待っている時間立ちっぱなしだったからか
この日の帰り道はヘトヘトで歩くのもしんどいくらいで何とか帰った記憶しかありません(笑)


長くなってしまったので、3日目の建て御柱はまた次のエントリーで。
動画もいくつか撮れたので編集出来たら合わせてアップしたいと思います。
posted by zawatch at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 諏訪のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする