2018年03月19日

松本タイポグラフィ研究会「第1回 おいしい文字のチカラ」

地元長野県でタイトルにある講座が開かれると聞き、
まっさきに飛びつき申し込んだらまさかの親戚の法事とバッティング。
塩尻で法事が行われるので松本ならそんなに遠くないと思うも
時間どおりに事が進むでもなく、結局会場到着は開始から1時間後でした(^_^;

会場である、松本市の商工会議所の会議室に入ると
座席はほぼ満席。およそ90人の方が申し込まれていたそうです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
今回の申込みをした際に主催者の方とも何度かメールをさせていただき、
地元でこのようなイベントが開かれること、同業の方も今後集まれる勉強会など、
SNSでの宣伝など自分も何かお手伝いができればと先日都内で行われたDTPの勉強会で
第1回の募集チラシを持って行きましたがその時点ですでに定員を超えていたそうです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今回の講師をつとめるのは、「文字の食卓」主催の正木香子さん。
勉強会繋がりのSNSでも以前から話題にされていたので、
自分も著書を1冊購入しておりましたが実際にお会いできるのは今回が初めてでしたので
どのような文字への捉え方をするのか聞きたかったことでしたので楽しみの講座でした。
(なのに1時間の大遅刻が本当に悔やまれて悔やまれて…仕方無いんですけど^^;)

座席にはすでに大量の資料が置かれていて、
正木さんのお話を聞きながら資料に目を通していきました。
最初の部分も今回参加された方がツイートをあげてくださったお陰で
遅れた分を取り戻せたことは本当に感謝です。

コーヒーと恋愛

参加できたところからではありますが、
獅子文六著の「可否堂/コーヒーと恋愛」の新潮社1963年版とちくま文庫2013年版との比較。
前者は岩田明朝体、後者はリュウミンといった具合に
段組も当時の流行であった2段組とだいぶ様子が違います。

コーヒーと恋愛 (ちくま文庫) -


コーヒーと恋愛 (ちくま文庫) -

東京 - サニーデイ・サービス
東京 - サニーデイ・サービス

こちらの表紙とジャケットが同じであることも触れていて、
サニーデイ・サービスの「東京」に小説と同タイトルの「コーヒーと恋愛」が収録されていることで
後に復刻されたちくま文庫版では曽我部恵一さんがあとがきを担当されているそうです。
東京でジャケットをデザインされた方が表紙の装丁をされているなど
こういうエピソードも小説を通じて出会えることを聞いていても素敵だなと思いました。

IMG_0487.jpg
IMG_0489.jpg


活字から写真植字(写植)への時代へ。
筑紫体後期五号を作り、創業者は現在放送中の大河ドラマ「西郷どん」と同じ時代を生きた方で
大河ドラマを見ながら創業者の方が生きた時代を感じるという楽しみ方をしている話や、
1960年代に「タイポス」の、本分組で使われることはとんでもないと言われていた中、
1981年「窓際のトットちゃん」がタイポスで組まれてベストセラーに。
その後、タイポスはマンガでもモノローグでも用いられるようになったということでした。

また、活字は1つの書体を管理するだけでも本文を組むだけでも同じ文字をいくつも管理すること、
それに比べると写植は文字を写真の様に引き延ばしたり自由度が増し、
さらに管理のしやすさも活字に比べてスペースを取らないということで写植の時代が来たのそうです。

IMG_0491.jpg


そして次に淡古印(たんこいん)の話へ。
こちらは現在ではホラー書体としてすっかり有名になっており、
元々は字が現すとおり古い印章をイメージした書体です。
使われ始めた当時はチョコレートの広告や、現在でも鹿児島の和菓子屋「蒸気屋」さんでも使われていると紹介されていました。

ではなぜ現在はホラー書体で使われるようになったのか?
スライドで出てきたのはドラゴンボールの第1回めの連載。
集英社では年に1枚ずつ写植の文字を増やしていくのが通例で
ちょうどこの年代に連載開始されたドラゴンボールで使われるようになったということでした。
語りの文字は淡古印で、序盤と終盤で用いられていたと言われて見るとそうだったなと思い出しました。
そしていよいよ台詞で登場するのはピッコロ大魔王だったのだとか。
「ポコペンポコペンダーレガツツイタ」と言いながら卵を産むシーンですね(^_^;
編集者がこの書体を選んだのが偶然なのか雰囲気を上手く取り入れたのか、
ここから今のホラー書体としてのイメージが付いていったというのが大変興味深いです。
そしてテレビでは「世にも奇妙な物語」で淡古印をイメージしたようなタイトル、
それが流行りだしてから1970年代から始まっていた夏休み特集「あなたの知らない世界」でも
1990年代には淡古印が番組のタイトルで使われるようになったとのこと。
そしてすっかりホラー=淡古印のイメージが定着していったのだとか。

後半 ワークショップ
前半が終わり休憩の前に願い事を提出。
IMG_0478.jpg IMG_0500.jpg IMG_0480.jpg

その提出された願い事を元に、資料で配布されたおしながきより1番から50番までの書体見本
(こちらには書体名が一切記載されていないものでした)に
正木さんと最前列にいたデザイナーの日下潤一がそれぞれのイメージに合った書体を選ぶという
ワークショップが行われました。結果は以下の通り。
IMG_0503.jpg IMG_0504.jpg

IMG_0505.jpg IMG_0507.jpg


願い事を選んだ方へのお二人からのその願い事に込めたイメージをヒアリング、
そして実際にその文字を選び、会場にどちらがイメージに合っているかを挙手をしてもらい
お互い選んだ書体への感想や思いなど会場で笑いが出るくらいに大盛り上がりのセッションになりました。
練乳っぽい書体というのが個人的にツボでした(笑)

最後に次回の講師を務める鳥海修さんが塾長をされている文字塾の生徒の方による
自作フォントの制作発表もあり楽しい時間があっという間に終わりました。

IMG_0513.jpg

次回は7月28日(土)に開催されます。
松本タイポグラフィ研究会Twitter


今回地元でこのような勉強できる機会を作っていただいた松本タイポグラフィ研究会の皆様には大変感謝いたします。
自分も来月行われる、さいたまデザインDTP勉強会松本サテライト会場でお手伝いさせていただくことになりました。
今後も自分の仕事で得た知識などがこういうことでお手伝いできたらと思います。
posted by zawatch at 23:44| Comment(0) | DTP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

BenQ「カラーマネジメント液晶ディスプレイSW2700PT」レポート

前回のブログエントリに続いてBenQ様よりモニターいただいたものになります。
BenQアンバサダー登録はこちらから

1437128347thumb.jpg
今回はカラーマネジメントディスプレイでフードもついており、
よりデザイナー向けの仕様となっているのが特徴とのこと。
実際に仕事で使えたらよかったのですが、素材的に載せられるものがなく
期間も迫って来てしまったいたので使い込むまでに至らなかったのが残念です。

IMG_8058.jpg

IMG_8061.jpg

遮光フードが標準で付いてくるのもデザイナー向けとしてもありがたいところですし
キャリブレーターを利用する場合の小窓もちゃんとついているのが嬉しいポイントです。

IMG_8060.jpg

キャリブレーション.png

キャリブレーターがあればディスプレイに対応したソフトで管理もできます。
(残念ながら持ってないので試せませんでした)

IMG_8057.jpg
また、OSDコントローラーで映像モードの切り替えも楽に行えます。
ディスプレイのファンクションでもできますが、直感的なボタンでアクセスもしやすくなっていました。

IMG_7989.jpg
IMG_7990.jpg
IMG_7991.jpg

Adobe RGBを選べたり、モノクロへの表示切り替えもできるので
写真の編集はもちろん、DTPでの作業も大画面でページ全体が見開き表示でも行えました。
flicker.jpg
Flickrを全画面表示で出してみましたが複数枚並べても余白が出るほど。
ノートPCでは結構手狭感がありましたがここまで広いと写真管理もしやすいです。


amazonでの価格を見てもコスパのいい部類のカラーマネージメントディスプレイだと思います( ´∀`)ノ
posted by zawatch at 00:26| Comment(0) | DTP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

Amazon primeday (Adobeセール関連)

7月10日の18時から30時間限定で始まったAmazon primedayですが、
サーバが繋がりにくいくらいになっているんだそうで。

そして、現在自分の周りで騒がれているのがAdobeのダウンロードコード。
Creative Cloud 5周年記念キャンペーンで6月から割引をしていたのですが、
今回のprimedayでさらに30%OFFだとか。

例を挙げると、
Adobe Illustrator CC 2017年版
12か月版|オンラインコード版 ¥13,080 →primeday価格 ¥ 9,156
24か月版|オンラインコード版 ¥26,160 →primeday価格 ¥ 18,312
36か月版|オンラインコード版 ¥ 39,240 →primeday価格 ¥ 27,468

Adobe Illustrator CC + Photoshop CC
12か月版|オンラインコード版 ¥ 26,160 →primeday価格 ¥ 18,312
24か月版|オンラインコード版 ¥ 52,320 →primeday価格 ¥ 36,624
36か月版|オンラインコード版 ¥ 78,480 →primeday価格 ¥ 54,936

50%からさらに30%OFFですから、36ヶ月版に至っては10万近くの割引に。

コンプリート版は20%〜26%OFFからなので若干高いものの、
他のソフトも付いてくることを考えるとやはりお得ですね。

Adobe Creative Cloud コンプリート 2017年版
12か月版|オンラインコード版 ¥ 47,760 →primeday価格 ¥ 33,432
24か月版|オンラインコード版 ¥ 90,744 →primeday価格 ¥ 63,520
36か月版|オンラインコード版 ¥ 133,250 →primeday価格 ¥ 93,275

(´-`).。oO(しかし、これを割引無しで購入してしまった方はどういう気持ちでこれを見るのやら…。


一応、ラインセンスだけ購入しておけば継続時にこのコードを使えるらしいんですけどね。

posted by zawatch at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | DTP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月01日

DTPの勉強会第19回に参加

DTPstudy19.jpg

今年最後となる東京でのDTPの勉強会が先日11/29に開催されました。
前回久々の参加となり、今年参加したのは今回で2回目(^_^;
あまり参加できないまま今年最後を迎えてしまいましたが今回も会場は大盛況の中スタートです。

http://togetter.com/li/905967
DTPの勉強会 第19回「北村さん&樋口さん デザイン本出版記念セッション」 - Togetterまとめ


https://www.ddc.co.jp/estore/
DTP・印刷専門の電子書籍・デジタルコンテンツ販売サイト【印刷の泉】


詳しい内容などはつぶやきをまとめたTogetterを見ていただくか、
今後印刷の泉さんでアップ、販売されるセッションのフォローアップデータを購入でご確認いただけます。

今回のセッションはデザイナーの北村崇さん樋口泰行さんのお二人。
数々の著書を出されていますのでお名前のリンク先のamazon著作リストをご確認戴けると
お二人の著作を手に取られている方も多くおられると思います。
そのお二人の著書の中から今回最新版となるものからデザインについてお話し戴きました。

普段DTPのソフトからTipsや文字組など、画像処理についてなどが取り上げられる中、
北村さんのセッションはデザインセオリーがメインとなります。
デザインという面で人に情報を伝える上で大事なことを改めて学ぶことができました。
大学時代にデザインを学んではいましたが今の仕事に就くまでに忘れていたこと、
そしてデザイン業に携わっていたから身を持って理解していたけれど気付かされることが多いことに気付きます。
今回のセッションで取り上げている著書「ゼロからはじめるデザイン」からの紹介ではありますがご本人から直接説明してもらうと
本で読む以上に納得できることが多かったです。
時間の関係上全て紹介はできませんし、90分では学びきれなかったことは本を読んで学びたいと思いました。

続いて樋口さんのセッションではこれから出版される本(延びてしまっているそうな)から。
普段DTPの勉強会でお世話になっている樋口さんですが、今回はデザインのアイデアについてのお話しで
例えばタイトルと写真があった場合の見せ方で全面、左右2分割、上下2分割などといった3パターンから
さらに分ける割合や角度、写真のトリミング方法や文字の地の置き方などでも印象を変えたり
素材の画像解像度が低い場合や支給されなかったことなど、デザインをするに当たっての
起こり得るシチュエーションからの対応策。
今年発売を予定していたものが延びてしまって残念ではありますが、
出版されたら是非とも読みたい内容の樋口さんのセッションでした。

今回はスピーカー以外でも著作を手がけられている方が多く参加されていて
ジャンケン大会でも様々な本など提供されていました(残念ながらジャンケンに勝てず仕舞い…^^;)

この翌日も10倍ラクするIllustrator仕事術 【増強改訂版】 CS5/CS6/CC/CC2014対応 ~ベテランほど知らずに損してる効率化の新常識出版ツアーファイナルが開催されましたが、
自分は長野県で開催された時に参加したことや久しぶりの東京を満喫すべく不参加となりましたが
来年はまた参加できる勉強会があれば東京以外にも名古屋や大阪にも参加できればと思いました。

なかなか同業者の方と生で話せる機会が少ないですが
改めて参加して同じ悩みを共有したり業界あるあるを話したりと
懇親会でも賑やかに充実した時間を過ごせました。



posted by zawatch at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | DTP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月23日

24HOUR ILLUSTRATOR

24時間Illustrator「愛(Ai)はクリエイティブを救う」

明日、24日に渋谷ヒカリエで開催されます!

Ai-1ファイターとして自分も参加する勉強会のメンバーの方も多数参加します。
正直24時間起きていられるかって問題がありますが(笑)
(スタートの12時の時点で普通に仕事してて多分殆ど見られません(ノД`))

イベントに参加される方は、アンケートに答えると
24時間IllustratorにちなんだオレンジのTシャツや、プレゼントも当たる可能性があるそうです♪
そして行ける物なら触ってみたいIllustratorの歴代バージョンも展示されているとのこと。

お時間のある方はぜひ渋谷ヒカリエまで ( ´ ▽ ` )ノ


24時間Illustrator「愛(Ai)はクリエイティブを救う」
posted by zawatch at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | DTP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月08日

DTPの勉強会

参加するつもりで楽しみにしていて、
出発当日の朝早起きしたら入ってきたメール。
「搭乗予定の便が大雨により高速道路の通行止めにより運休します」

えっ!!

JRの運行情報は遅れ等出ていなかったので特急も考えましたが
帰りも復旧の見込みが不明だったことにより今回の参加はキャンセルしました(ノД`)

過去にも参加した回が大雨で帰りが心配になったことはありましたが
行くことが出来なかったのは初めてでした…。
遠征組としてはこういうところで何が起きるか分からないのが切ないところでした。

Twitterでの参加者のみなさんのつぶやきを眺めつつ、
今回は参加したい内容のセッションが盛りだくさんだったのでなおさら残念です。
DTPの勉強会第13回 - Togetterまとめ
こちらのTogetterの内容で振り返ることにしました。
参加者のみなさんとまとめて下さったスタッフの方には大変感謝です。

後日、吉田印刷さんで配布予定のフォローアップの動画など期待したいと思います。
DTP・印刷専門の電子書籍販売サイト【印刷の泉】


と、そんな参加できなくてふて腐れてただけでなくいいことも起こりました(^^)

偶然諏訪を訪れていた方からのメッセージでなんと合流!
http://app.famitsu.com/category/blog/open-blackbox/

なんとファミ通Appでも現在連載中のCRIの幅朝徳さん!
SNSで仲良くさせてもらっていましたが、まさかの出来事です!
うちから歩いても数分程度のうなぎ屋にいらっしゃったあと
ちょっとの時間でしたがお会いすることができました♪

普段ブログやSNSではやりとりさせてもらっていましたが
まさか諏訪でお会いできることができるとは。
上京はできずに残念でしたがこういう出会いが出来て素敵な一日になりました(^^)
posted by zawatch at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | DTP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月22日

DTPerな勉強会(?)in 諏訪 終了しました

初めてDTPの勉強会メンバーの方達を地元に招いて勉強会と称したお花見温泉ツアーを開催しました。

ちょうど地元の桜の開花にピッタリ合って見事なまでの満開でしたが、
前日の雨と当日も午後からの曇り空でやや肌寒い中ではありましたが宴も大盛況。

E1E6F0C6-6BA2-489C-8F2D-8013C7E21223.jpg

満開の高島城公園


4DFBE087-293C-4E28-B4B4-3760EA94A814.jpg

地ビールで乾杯


夕方過ぎた頃になると流石に風も出てきて肌寒くなってきたのて宿へと移動し、
チェックインするなり冷えた体を温めに温泉へ。

7C125280-71AA-48C0-B1B8-1D3D086B16B0.jpg

ホテルの宿泊サービスとして、隣にある片倉館の無料券がもらえました。
レトロな雰囲気でかつての製糸工場の工員達の為の入浴施設で、立って入れる深さのお風呂は地元ながら入ったのは初めてでした。
湯船の底には砂利が敷き詰められており、歩くと足の裏が気持ちいい〜!
ちょっとお酒も入ってたので長風呂すると湯あたりしそうな感じだったので
早めに上がりホテルに戻り少し涼んだ後で今度は露天風呂へ。
檜の露天風呂は贅沢な気分でした温泉

そして晩ご飯。

94E8DA94-3C7B-4AD1-A255-EA170BD0F90B.jpgきのこ鍋(の具材)

F974B437-EAAA-4544-9495-1E351283C8A5.jpg

63170861-905B-4DD5-9BD1-5A4750755850.jpg
桜そば

F5FA469A-76F9-4835-93DF-3E674165CEF5.jpg
タケノコの田楽

64743A37-AA8E-4FD4-AB85-D9374B6DB474.jpg

331BD55A-3D8A-45AD-BFDC-5BECD4B31CC0.jpg食後のデザート

昼間の宴会で結構飲み食いしたのでお腹もあまり空いてなかったので夕飯を食べ終わった頃には完全に満腹でした…(笑)


BBC7A707-93BA-4F7C-94FD-F22C2CD308E0.jpg

部屋に戻り誕生日会を開いたりしながら、集まりのメインである勉強会(!)を開催。
プロジェクターを部屋の壁に投影して普段の勉強会さながらのプレゼンをしていただきました。
各自楽な格好で見ていましたが思わずウトウト…(^-^;
普段よりかぶりつきで見れるのに本当にすみません(>_<)

そのあとちゃんと起きましたがリクエストに答えてもらいながら作成したりと普段の勉強会ではあまり見ないスタイルだったかもしれません(^_^)


そして翌日。

14ED99CA-7DAA-45E9-9FAC-16BC018F67ED.jpg

この日は諏訪湖開きが行われることで朝から号砲の花火が鳴っていました。

早めに目が覚め、朝風呂へ。

夜中に男女入れ替わる温泉で、今度は露天風呂のさらに奥まった離れの露天風呂のある方で、下駄を履いてちょっと歩いて行った先は囲いに覆われた素敵な露天風呂でした。
寒い中歩いたのでしばらく温まり、また温まって戻る頃にはまた冷えてくるので大浴場の横の露天風呂で温まり、最後に室内の大浴場で温まってから上がりました。

すっかりポカポカで朝食。

そして一通りの帰り支度をしてチェックアウト。


ここから観光の始まりです( ´ ▽ ` )ノ

湖畔の桜を見つつ向かったのは諏訪大社下社の秋宮。
2FC0AC32-5322-4FF9-8B92-731CAC131477.jpg

ちょうど境内では神前結婚式が行われており、御柱でも歌われる木遣り歌も新郎新婦へ披露されてました(^_^)
思わずヨイサ!ヨイサ!と掛け声を掛けてしまいます←祭好き


秋宮を出た後はしばしお土産屋で買い物タイム。
自分は地元なので見て回りつつお土産の試食などでした(笑)

そして今度は下社春宮へ…行こうとしましたが通り過ぎてしまったのでちょっと上にある水月公園へ。

霊園公園なのですが桜の名所でもあり様々な桜が諏訪湖を一望しつつ見ることができました。

97CF5064-2D91-45A8-A354-4297510C767D.jpg

A90ED017-4D68-4C44-BB9C-E3FE37107CD9.jpg

3B276BE2-F75A-4EDC-9A1E-16ECBAC6B234.jpg

そして今度こそお目当ての春宮。
C29687F1-6F00-4A11-88C5-8F4A7501D3C3.jpg

この神社のすぐそばには万治の石仏という巨大な石に掘られた石仏が畑の中にあり、
かつて画家の岡本太郎さんも絶賛し全国に広めたと言われています。

そしてこの後は自分は先に解散してしまいましたが下社秋宮の参道沿いで食事をして行きましたが
幹事として果たしてちゃんとやれてたか疑問ですが(^-^; 、温泉宿に泊まったり、お花見をしたりと普段黙々と1人で仕事しているので
久しぶりにみんなでワイワイできたな〜と幹事そっちのけで楽しめました。

今度は本格的な勉強会が開催できたらいいですが、また宿に泊まってDTPのことを語り合うイベントを開催してみたいなと思いました(^_^)
posted by zawatch at 02:04| Comment(0) | TrackBack(0) | DTP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月05日

DTPの勉強会に参加しました

vol12_0301.jpg


今年は初となりました、DTPの勉強会
昨年末から年初はあまり都内へのDTP系のイベントに参加できなかったので実に久々となりました。

メインセッション


今回のメインテーマは「製版〜印刷ワークフローの現状と将来」。
株式会社メディアテクノロジー ジャパンの山岡さんがスピーカーで
EQUIOSの最新ワークフローを紹介でした。

山岡さんのお話はDTPというよりはそのあとの工程になるのですが、
Macが導入される以前のいわゆる「版下」時代から始まり、
Mac導入後の1990年前後、そして2000年以降、現在へと
印刷までのワークフローを比較して説明してくれました。

アナログ時代のことは本などでしか知らない分野ではあったのですが、
専門の部署が数多く存在し、時間も工程も今以上に掛かっており
それが時代を追って半分以下の工程で印刷が行われています。
DTPに変わったことでもフィルムへの工程が減ったり、
そこから製版に繋がるまでも数多くあった工程が最新ワークフローでは
パソコンから直接印刷できるまでになっているということで
恩恵を受けてることもあり、助けられていると気づかされます。
(実際は短納期でギリギリまで直しが対応できてしまうという言い方もありますが^^;)

製本のルールや言葉も知らない言葉がまだまだあるなと、
勉強会から帰ってきてTogetterを読み直して調べてみましたが
DTPスキル以上に学ばねばならないなと思わされました。

調べていてちょっと気になるお役立ちサイトを見つけたので
こちらにもリンクを貼っておきます( ´∀`)ノ
製本お役立ち便利帳|製本のひきだし
製本にまつわるワード集も載ってますし、ブックマークして常に調べられるようにしておきます(^^)

EQUIOSの新機能として興味を持ちましたが、
プリプレスの部門はなかなか触れる機会が無い反面
どこまでがDTPで出来ることなのか、またその後工程でどういう処理を行われているか、
そういう箇所が分かったのも大きかったと思います。
出来るだけ制作の段階で安全なデータを作ることができれば何よりではあります(^_^;

サブセッション


サブセッションの1では、検版と出力見本をテーマに
森脇さん(モリヲさん、画伯)が検版(けんぱん)の重要さを説明。
まず、検版とは何かという一見すると分かることではあるのに
いざ説明せよと言われると難しい現在。
DTP時代の検版について、今まで誤解釈していた分も含めて
会場全員でアオリ校正もしたりとメインセッションとはまた違う、
実作業時に自分達もできる安全なデータ作りの再確認となりました。

サブセッション2では、神速InDesign・Illustratorから
各著者の方からの神速技の紹介。
InDesignからは今関さん、Illustratorからはhamkoさん、みっちーさん、カワココさん。
すでに書籍でも読んでる方も多いと思いますが、
実際に自分で本を読みながらやってみるのも勉強ですが、
さすが記事を書いてるご本人達…神速テクを目の当たりにして
あたかも自分が出来ると思えてしまう(実際なかなか出来ませんよw)気がしてなりません。
実際出来ないことは無いのでしょうけど、生で作業を見るのはホント刺激になりました。


今回サブセッション2で登壇されたみなさんお著書はこちらです( ´∀`)ノ

Togetterまとめ


勉強会の最中のつぶやきはこちらです。
大まかな感想など自分もつぶやきながらですが、読むだけでも
難しい単語を調べ直すことにも繋がりますし、参加の際はメモついでに
ツイートできれば(理解できずに黙ってた箇所もありました)、こうしてまとめを
あとで見返せるような自分メモもしてみてもいいかも知れません( ´∀`)ノ
DTPの勉強会 第12回(製版〜印刷)つぶやきまとめ
DTPの勉強会 第12回(製版〜印刷)つぶやきまとめ(縮刷版 )


告知ですよ〜( ´∀`)ノ


1982154_596492237110911_622575363_n.jpg
DTP系のセミナーでは大きいイベントであった、INDDとdot-Aiが10月18日に
一緒になったイベントとして開催が決定したそうです。
「INDD 2014」+「dot-Ai 2014」(Facebookページ)
昨年は第2回のdot-Aiには参加出来なかったので、今年こそは参加したいと思います!

そして、もう一つ告知。
4月19日 DTPerな勉強会(?)in諏訪(長野県)
勉強会と銘打ってはいますが…なんというかお花見会ですw
自分の地元でもある諏訪で温泉とお花見楽しんじゃえ(勉強もできたらしましょう)的な
DTPerな勉強会(?)in 諏訪を開催します。
予定は4月19日(諏訪の桜開花予想のあたり)。
まだ人数を募集してる段階ではありますが、もし参加出来そうな方いましたら
参加をしてもらえたらと思います^^
各地から乗り合いで来るもよし、旅行気分で電車や飛行機、バスなどで
ぜひ春の諏訪にフラッといかがでしょうか〜?( ´∀`)ノ
ラベル:DTP
posted by zawatch at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | DTP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月21日

[DTP]タブのリーダー設定

LOVELOG終了と聞いてすっかりテンションダウンでございます(´・ω・`)

とりあえずバックアップは取らなきゃ行けないけど
色々面倒みたいなので移行ツールが出るまでしばしブログ更新してみます。


さて、タブ区切りで間がリーダー(敢えて1文字扱いにしますが、・・・みたいな感じ)などで
タブの間をリーダーで繋いでいる文章がありまして、
Excelから流し込んだら、いざ要らないリーダーがあった時って
とっさにリーダーの設定って思いつきますでしょうか?

利用頻度が低いのですっかり忘れていたんですが、
InDesignとIllustratorで挙動違う?なんてふと思いました。

で、ちょっと比べてみようと思いましてキャプチャをば。
(キャプチャは適当に撮ったのでサイズテキトーです、あしからず)

InDesign。
ピクチャ 19.png

今までやり方として勝手に覚えていたのが、
テキストのタブ部分を選択して、リーダーの文字を変えようと思ったんですが、
あれ?できない?どうやったっけ?みたいに慌てていて、
ようやっと気づいたのがタブパレットのタブの位置指定の矢印。
「あっ、ここ選択してやっと出てくるんだ…」とまあそんな感じです。
(●を変更、または削除したかったんですね。)

ピクチャ 20.png
で、やっと分かってできたのがこんな感じでリーダーの記号を削除。

で、InDesignとIllustratorって挙動違わなかった?
とIllustratorCS5でやってみたのがこちらのスクショ。
ピクチャ 21.png

検証してませんが、やっぱりイラレもタブのテキスト部分選択しても
リーダーの文字って出てこなかったんですっけ?
(ちなみにどうでもいいことですけど、タブパレットで、”リーダー”の文字クリックしても
”位置”の部分がハイライトになるってこの仕様のせいでタブパレットって未だ色々混乱してます)

CS3でも試してみましたが結果としてInDesignもIllustratorも挙動は一緒でした。
リーダーの文字とか消すのって矢印だったのね(´・ω・`)


たまにできちゃっていたので何となくで覚えてましたよ…_(:3 」∠)_
posted by zawatch at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | DTP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月27日

[Illustrator]円形グラデーションの扁平率にまつわるTips(?)

ふと思いつきですがDTP的なTipsもたまには書いてみようじゃ無いかと思います。
dot-aiあったから?いえ、不参加でしたorz

Illustrator CS4から実装の円形グラデーションの変形


CS4パネル.png CS5パネル.png

前者がCS4のパネル。後者がCS5のパネル。(基本CS4以降は同じでしょう。)

CS3パネル.png
そしてこちらはCS3までの円形グラデーションのパネル


バージョンによる機能の注意


ここで円形グラデーションの分かりやすいものとして、2つのグラデーションを用意します。

CS5.jpg

一見すると同じ変形させたグラデーションの様に見えますが、
左がCS4以降で追加された扁平率と角度を使って変形させたグラデーション、
右は正円に円形グラデーションをかけ、変形させて45度回転させたものに
背景となる矩形を置いたオブジェクト。

手間としてはグラデーションパレットで変形させてしまった方が楽ですが、
いざ下位バージョン(CS3以前)にする場合はというと…。

CS3.jpg

こんな感じに左の方は全てグラデーションが分解されています。
まるでブレンドで数百くらいにしてしまって分割したかの様です。
ラスタライズ化はされていませんでしたが、これは表示も結構重くなってしまいますね。

右は選択された状態でも楕円と矩形の2つのオブジェクトのままとなっています。
(そもそも昔のバージョンだとグラデーションが変形させるのにももう一手間あった気がしますよね)

以上、下位保存ありきでデータを作る場合に押さえておきたい円形グラデーションの注意点でした〜( ´∀`)ノ


Illustrator CS3と言えば…。



Tipsついでに最近飛び込んできた話題。



[概要]
Mac版 Illustrator CS3でアプリケーションを起動すると
製品登録の画面が真っ白で閉じることが出来なくなる。
または画面が真っ白で使用が出来ません。

[詳細]
現在、原因について調査しています。
Illustrator 以外でもバージョンがCS3の場合に問題が出る可能性があります。

[回避方法]
※製品を終了できない場合は、キーボードの Command+Option+Escキーを押してアプリケーションの強制終了をお願いいたします。

1. ネットワークケーブルを抜きます。
2. CS3製品を起動します。
(ユーザー登録-接続失敗)で起動できると思います。
3. 製品登録画面が表示されたら、「登録しない」をクリックします。
4. アプリケーションが正常に起動します。
上記手順を行った後は、インターネットに接続された状態でも起動するようになります。


「ネットワークケーブルを抜きます。」
えぇーーー!衝撃的回避方法!!(゜ロ゜屮)屮

Mac版のみ起こる現象だそうですが、Illustrator以外にも出てきてしまっているようです。

実際Illustrator CS3立ち上げたら出てきました…。

真っ白登録画面

この回避方法通りにLANケーブル外すと確かにネットワークに繋がらないという画面が出て
登録しないを選択、通常起動ということで解決(?)しました。腑に落ちないヽ(`Д´)ノプンスコ

他のバグも含めてアップデートで対応して欲しいですね。
挙げたらキリが無いので敢えて書きませんけどさ(´・ω・`)




posted by zawatch at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | DTP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする