2015年03月05日

【覚え書き】YosemiteのMacBook Pro 17inch(Early2011)でUSB3.0カードを使う

前回のエントリでMacBook Pro(Early 2011)が戻ってきたお話をしましたが、
Yosemiteのβ版で止まっていたのでした(^_^;
(HDD初期化されていると思ってましたがそのままだったのでうっかり最新のβを入れてみたりw)

ようやくこれでMacBook(Late2008)の環境移行をしようと内蔵HDDを取り出して
USB3.0のケースに入れて繋いでみると・・・あれ?認識しない。
初導入した時はMavericksにしていたのでそのときのエントリでは
MultiBeastからUSB3.0のドライバで認識してたんですがそちらで認識せず。
念のためYosemite用のMultiBeastにアップデートしたんですがやはりダメ。

色々探しているうちにこちらを見つけました。

http://www.dawning.ca/2014/dear-diary-usb-3-0-on-my-macbook/

使用しているのは自分の環境と同じGMYLE(TM) ExpressCard 34mm USB3.0増設インターフェースカード (2ポート搭載)

そしてKext(カーネルエクステンション)を入れるのですが(説明サイトファイル直リンク)、
はて、ターミナルでコマンドラインなんぞ怖くて打てませんorz
(出来る人はそちらでもやってみてもいいでしょう※ただし自己責任)

そこで利用するのがKext Utility。
http://cvad-mac.narod.ru/index/0-4

こちらにドラッグアンドドロップするだけでKextをインストールしてくれます(まぁ便利!)
自分の様にコマンドラインに抵抗がある人にも無事インストールできて
再起動後に無事USB3.0カード経由のHDDが認識できました♪




ただ、まだ移行アシスタントで一晩経っても移行できずにまだ旧環境が戻ってきません(^_^;
もうこのまま新しい環境を構築した方がいいのかも知れませんね・・・(笑)
posted by zawatch at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月02日

MacBook Pro ビデオの問題に対するリペアエクステンションプログラム

6CC98062-18B5-4AEF-9ACF-F7D75202CA64.jpg
こんな具合になってしまってしばらくまともに起動すらしてくれなかったMacBook Pro(Early2011)でしたが、
ついにAppleから正式に無償修理のプログラムが発表されました!


ちなみに対象製品は以下のモデル

対象モデル
  • MacBook Pro (15-inch Early 2011)
  • MacBook Pro (15-inch, Late 2011)
  • MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2012)
  • MacBook Pro (17-inch Early 2011)
  • MacBook Pro (17-inch Late 2011)
  • MacBook Pro (Retina, 15 inch, Early 2013)

見事ドンピシャで該当どころか前々からGPUには問題を抱えていたモデルだけに強制的に内蔵のIntel製のGPUで誤魔化してましたがそれすらできなくなった状態が先のしましまディスプレイ…(´;ω;`)ブワッ

早速開始された日にチャットでの問い合わせ。そして27日から正式な受付となり、
2/28の夜にヤマトの集荷。

そして3/1に無事到着のステータスを見ていると…
94B8AFAA-0183-40A4-A453-3455B8EED9D8.png
あれよあれよと手順が進んでもう返却の出荷!?(^-^;

そして本日の朝無事に帰って来ました(笑)

98A48039-8202-495E-833C-064F43937F55.jpg
修理するともらえるというクリアファイルもちゃんと付いてきました。
ロジックボード交換とのこと。

EB7CBD2F-3BD5-41AC-A41E-2B0EF12BCA04.jpg
ちなみに外装もステッカーそのままで整備済みと交換ではなかったのでちょっとホッとしました(ステッカー結構高いのよ。A4サイズだし)。

無事本体がそのままなことを確認して、サポートで聞いていた初期化も…あれ?デスクトップのデータそのまま?
OSを最新版のYosemiteに…ってあら、これYosemiteのβのままだし(笑)

結局シリアルも変わってないし普通に動くようになった以外に何が変わったのか分からない位にしれっと直って帰ってきました(^-^;


ようやっとまともに動くようになったので今までメインマシンとして使ってたMacBook(Late2008)からの環境移行をしています。
Core i7で17インチ、まだまだ使える機種だけにこれから今までの分も使っていこうと思います( ´ ▽ ` )ノ
posted by zawatch at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月23日

MacBookのステッカー

現在AppleのサイトでMacBook Airにステッカーを貼ったCMが公開されています。


Apple - MacBook Air - TV Ad - Stickers


こういうのを公式でも公開しているというのは今までのAppleだと考えられませんね。
そして、色んなキャラクターのステッカーがありますが、
この辺って著作権上大丈夫なやつなんでしょうかね(^_^;

リンゴマークにマッチしたステッカーじゃないけど、
自分もオリジナルのMacとしてちょっと主張しちゃってます(笑)
今じゃ販売終了になってしまっているし広げる楽しさがありますね(^_^)

mbp17.png
CMのステッカーみたく綺麗に出てませんな(^_^;
部屋で撮影するのはちゃんとした状態じゃなきゃ難しい。。。


Amazonでも様々なステッカーが販売されています。
自分オリジナルのMacBookにするのは楽しいです♪

posted by zawatch at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月20日

New Mac Proいよいよ販売開始

Mac Proごはん
こんなの作っちゃいましたけどすごいRTされて笑いました(笑)

と、そんなネタの様に待ち望んだMac Proがいよいよ販売開始されました。
なんとか年内間に合いましたね。
(秋だったのが年内ってことだったしクリスマスプレゼントに滑り込みですね←)

Mac Pro購入画面
当初からお値段は出ていましたが、カスタマイズはどうなるんだろう?
噂ではCTOで100万超えるなんて言われてましたが一番気になるところ。

クアッドコア、デュアルGPUモデルが318,800円、
6コア、デュアルGPUモデルが、418,800円。

CPUはIntelだとしてもメモリやPCIeなど今までのMac Proから大幅にスピードアップされていて
Thunderbolt2の接続口が6個。4Kディスプレイなら3枚、Thunderboltディスプレイなら6枚。
GPUも高速処理に対応していて、静止画というよりは今後の4K映像編集を
取り扱うには申し分ないスペックの様ですね。

現在DTPでMac Proを使っている訳ですが、今のMacのスペックは
さすがに今のMacBook Proにも劣るほどですが出た当時は相当でした。
価格面では高く思えますが、これだけの高機能を考えるとパソコンじゃなくてワークステーションですね。
iMacが出る前のMacは40万円台でもミドルクラスだったりしました。
ノートに関してはPowerBookで70〜80万なんてしていましたし、
「昔はMacは100万円コース」なんて言われていた頃に比べると安くなりましたもんね。

とは言ってもこのご時世、おいそれとそんな金額をホビーでは買えません(^_^;
プロユースとして考えると少なくとも3年以上は使うことを考えると
これだけで生み出される利益を考えたら余裕で元は取れると思います。
特に短いコーナーでも映像編集なら余裕でGB単位でデータを扱う訳ですし、
その日の番組に間に合わせなければならないと速いMacであるに越したことはありませんね。

DTPの世の中でも扱う画像の点数も多くなってくればスクロールだけでも
再描画を繰り返すと大変なことになりますからね…
やっぱりスペックは高ければ高いほど仕事も早くすすみますが、
値段相応の機能があれば十分というのも費用対効果という問題も出てきます。
Macの速度が速くてもアイデアを出す人間のスピードが速くなるかというと
それは一概に比例するなんてことはないですもんね(笑)


CPUをカスタマイズ。さて、価格は?


最初にMac Proの構成をカスタマイズすると出てくるのがCPU。
果たしてどのくらいの価格差が出ますやら?

プロセッサ
3.5GHz 6コア、12MB L3キャッシュ
3.0GHz 8コア、25MB L3キャッシュ [プラス ¥169,700]
2.7GHz 12コア、30MB L3キャッシュ [プラス ¥334,700]

なんと12コアは6コアモデルから一気に334,700円アップ!(゚ロ゚屮)屮

まあそりゃそうですよねそうですよね(^◇^;)
しかしここまで価格が上がるとは…デュアルコアのMac Proがもう一台買えちゃいますw

本体のみの最高構成を選ぶと…?


2.7GHz 12コア、30MB L3キャッシュ
64GB(16GB x 4)1,866MHz DDR3 ECC
1TB PCIeベースフラッシュストレージ
デュアルAMD FirePro D700 GPU(1基につき6GB GDDR5 VRAMを搭載)

Mac Proの内部構成のみだけ最高位でBTOしてみました。
すると結果はこの通り。

仕様概要
¥1,031,399
ひゃくさんまんえ〜〜〜〜〜ん!!


無理無理!買えません!(あ。最初から買えるつもりでBTOしてなかったw)

これだけのスペックあったら向こう5年は買い換えなくてもいいですよね。
(とかいいつつCore 2 Duoの初代MacBookアルミ使ってますけどね。5年前のやつw)

SSDも相当速いのにMac ProのSSDは特に速いから起動も爆速でしょうね。
そしてAdobeのアプリケーションなんて、何回バウンドして起動するでしょうか。

そもそもブログ書くのにもATOKの変換でクルクル回り出す自分のMacBookは
相当なストレス溜まってますので今時のMacならほぼストレスフリーです(^_^;

プロダクトとしても興味深いMac Proは出荷が2月以降とのこと。
店頭に並んだののを早く見てみたいものです(^^)


海外でUnboxingの動画が上がってますが、どういう経緯で手元にあるのかよく分かりませんが
箱からしても小さくなってとてもいい感じなことが予想されます ( ´ ▽ ` )ノ



posted by zawatch at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月22日

Macを買うまでのお話。

前回のエントリでなんとなく昔のことを色々懐かしくなって、
歴代のパソコンのことなど書いてみようかなと思います。
色々うろ覚えなので間違っているところもあったらご了承下さいね(^◇^;)


SONY SMC-777C


このパソコンの発売は確か1983年だったそうで、この年は何があったかというと今からちょうど30年前。
ディズニーランドが開園した年であって、スーパーマリオブラザーズが発売された年だそうです。
Appleの歴史で言うと「このまま砂糖水を売り続けるつもりか?」でお馴染みの
ジョン・スカリーがAppleに招かれた年だそうです。

で、その当時にこのパソコンを買ったか?というとそうじゃないんですよね。
中学、高校とあんまりパソコンから遠ざかりかけていて
毎日部活にいそしむ毎日、高校の時なんてまだケータイも無かったし
その時はそれほど今と比べても不便じゃ無かったのかも知れませんね。

と、色々脱線しましたがSMC-777Cです。

smc_777c.jpg

smc_777c_2.jpg

カタログもあるんですけどね。どっか行方不明です。
アイドルばりばり時代の松田聖子です。たぶんググると沢山出てきますヨ(・∀・)

これが我が家に来たのはもう83年からも大分経っていてとっくに平成も二桁台です。
そんな時が経った時なのに箱以外はほぼ揃った状態でした。
モニタもソニーのトリニトロンのディスプレイ、説明書はバインダーに挟まれていて
プロッターもありました。ソフトも結構付いてましたね。

シンセサイザーのラッサピアター(キーボードにもラッサピアターの鍵盤のフィルムついてます)、
ゲームではストリッツベーハー(だったと思います)。

他にも色々フロッピー付いてました。
だいぶ時代は経っていたけど初めてのパソコンだったので色々新鮮でした。
スペック的にはスーファミの方が上なんですけどね(笑)

フロッピーが付いていて、カーソルが立体的な平たい板、
今だとMacの方が格好いいんですけど当時このプロダクトは新鮮に映りました。
さすがソニー!なんて褒めたものです(今はそんなに褒めませんw)

と、色々思い出のあるSMC-777Cですが我が家に来る時代が遅すぎたんでしょうね、
CP/Mはこの時代すでにあまり使われておらず資料も一緒にあった説明書くらいで
DOS/V全盛期となりつつあった時代なのでした。



SMC-777Cの代表的なソフトというとラッサピアター。
直接データとして取り込んでるから綺麗な映像なんでしょうなぁ〜。


Panasonic Woody


多分ちゃんとしたパソコンを買うのがこれがようやく初めてだったと思います。
実家にまだあるかも知れませんがこの時間にがさごそやるのもあれですね(^◇^;)
ちょっとググったら「Panasonic WOODY PD CF32」がそれかな?と思うものです。

多分展示品処分だったと思うんですが、
このWOODYかAIWAのテレパソコンポ(この言葉も久々な気がしますしAIWAですよ、アイワ!)、
そしてMacもLC630とPioneer(ちょうどMac互換機があった頃)のがあって、
迷っているうちにすでにMacは売り切れてしまいました。

残ったWOODYとAIWAのパソコンで選ぶことになり、
スペック的には前者がIntel 486DX4(100MHz)、後者がPentiumの100MHzだったんでしょうか。
クロックでは一緒でしたがPentium選んでおけばとか今ならあれですが、
選んだのはPDも付いててテレビも見れるというWOODYでした。

CD-ROMとかも見れたしCD-Videoもこの当時は雑誌の付録でもついていて
おまけ的でしたけどそれなりのマルチメディアを実感した瞬間です。
この頃、まもなく大学進学もあったりで(大学入ってたっけ?)、
あまり触っていたというほど触ってもいませんでしたが、
大学の長期休暇の時は触って遊んでいたような気がします。


EPSON PC-486G



0083_01.gif 0083_03.gif
(ViaPC-486GR-コンピュータ博物館
だったかな、色々うろ覚えとなりますが初めてのマイパソコン。
WOODYとどっちが先だったかはちょっと曖昧なんですが、
明らかにこちらの方が古いと思われます。リサイクルショップで買いましたし(^◇^;)
おまけにHDDは付いてないしCDドライブなんてものも存在しません。
DOSをフロッピーで動かすものでしたし、その後外付けHDD買って
メモリ増設してCD-ROMドライブを買ってようやっとそれなりに動くことに。
Windowsも3.1をフロッピーで20枚以上をせこせことインストール。

色々大変だったけど、グラフィックのソフトもこの時初めて動かしました。
Macがまだ授業で使うことも無かったし、買えなかったこともあって色々いじり倒しましたよ。

大学で上京したこともあって、何かしらパーツが無いかしら?と秋葉に通い出したのもこれのお陰。
ビデオカード(PC98互換機だったのでCバスでしたっけね)、サウンドボード(サウンドブラスターだったかも)、
そして新品で買ったのはCylixの586のCPU(このパソコン専用だったはず。バッファロー製)。

これだけ色々やってWindows 95動かしたんですよね。
それもEPSON PCはNECのと別でわざわざEPSON互換機用のを注文しました(^_^;

それで何をやるかというとインストールの繰り返しとか
ソリティアとかマインスイーパーとか…(笑)

自作機ほどじゃないけど色々楽しかったなぁ〜とか遊び倒したパソコンでした。

結局このパソコンは友人(当時)と断絶するきっかけとなった最後まで自分の中で
色々と心に刻まれたパソコンでした。

そしてMacへ


と、色々紆余曲折もあってMacと出会う訳ですが、
色々長くなってしまったのであっさり行きます(笑)

PowerMac7600/120(& 1710AVディスプレイ)→PowerMac G4/400→iBook G4→MacBook(イマココ)

うっわ!乗りかえてるメインマシンのスパン長ぇっ!(と自分でも思いますよホント…w)

Intel Macになってからこれ以上に買ってる人沢山いますもんね。
それに比べるとメインマシンの保有台数少ないっす(^_^;

PowerBook 150とかiBook(クラムシェル)とか、iMac G4(フラットパネル)とか
PowerBook G4とかもらい物であったりするんですけどね。
Intelがたった1台です〜〜〜。
(ただし、仕事用のMac Proはまた別枠です)


ってなことで懐かし話がまた続いてしまいましたが(笑)
posted by zawatch at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月23日

Apple Special Event

発表されましたね〜!

今回待ちに待った新しいMac OS X“Marvericks(マーベリックス)”。
キーノートが生中継だったのでいくらなの?と気にしていたら
何と無料!ビックリです!(゜ロ゜屮)屮

今までだんだんOSの価格が安くなってきたな〜と思ったら
まさかのFree!にTwitterのタイムラインでも驚きの声でした。
他にもiLifeも無料となり、アイコンも一新された
iPhotoやGarageBand、iMovieなどもMac App Storeから無料でゲットできます!
(といいつつ、iMovieもつい先日購入したばかりだしiPhotoも今年になって
重い腰を上げて購入したというのに…orz)

この時期はいつもだと音楽イベントとしてiPodファミリーが発表されますが
一切のiPodのラインナップは変更なし(またイベントあるの?)。

発表されたモノ



overview_hero.jpg


MacBook Pro Retinaディスプレイモデル

ipad-air-hero-l-2013.png


iPad Air(5th iPadでなくベゼルがiPad miniの様になり薄く、軽くというAirに)

ipad-mini-retina-hero-xl-2013.png


iPad mini(待ちに待ったRetinaディスプレイモデル!)

mac-pro-step1-hero-2013.jpeg


そして年内発表と言われていたMac Pro
価格も発表されたけど思っていたより安い価格設定です。
(が、他のMacラインナップからしたら十分高いです^^;)

色々ワクワクする今回のイベントでしたが、
Mac OS Xがこの日にダウンロード可能となり、
サイレント気味にiOS 7.0.3もアップデート公開しました。

キーチェーンがiCloudで管理できるようになり、
パスワードやクレジットカードの管理もできる様です。

Mac OSのマップやiBooks、色々まだ試せてないものもありますが
今回のイベントを境にiPhoneやiPad、そしてMacが
新しいインターフェースで使える楽しみが増えました ( ´ ▽ ` )ノ

何とかうちのMacBook Pro(Late 2008)もMavericks対応で
Mac App Storeでダウンロード(5GB超)してインストールしました。
Marvericks

Marvericks


まだまだCore 2 Duoで頑張ってますよ(^_^;


おまけ


今回キーノート前に仕込んだネタですが、
Mac Proでご飯とか、ランチジャーなんてやってましたけど
今回もMac Proでいじりました(笑)

ちょうどAdobeで川越シェフのレタッチ王というイベントもやっていたし
ついほんの出来心で…ええ、出来心で…

kawagoe.jpg

またやっちまいました(もう何が何やらw)

このポーズ見て途中まで作りかけてて出さなかったネタも
今回放出しときますよ。

落ち穂拾い.jpg

作ってて確かこれってレタッチ王でも出てたよなと見送りました…(笑)

キーノート前にやりだして1時間以上やっていたという…(・∀・;)
川越シェフのキリヌキ大変でした…。




posted by zawatch at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月03日

MacBook(Late2008)のバッテリーを購入!

iPhone 5sがなんでも2010年モデルのMac miniのベンチマークと同等とか、
じゃあ、2008年モデルのMacBookなんてどうなのよ?

と、すっかり意気消沈してますが相変わらずのMacBook(Early 2008)ネタです。
かれこれAppleCare Protection Planで無償交換となった
バッテリー膨れ問題が出たMacBookのバッテリーを
もうかれこれ3年近くは交換してなかったことになります。

さすがに正規品で購入ともなると実費になりますし、
ちょっとお値段が…でも買わないとまた膨れるよね…
と、楽天イーグルスが優勝したということで楽天で買ったのはこちら!



実を言うとこれよりさらに半額で買えたのに
注文間違えてしまったというお馬鹿な顛末…w
でも実売の半額だからこれでも安いは安いんですけどね。
2個購入だとAC充電器もプレゼントだったもんだから悔しくて悔しくて(´;ω;`)

と、まあキャンセルも間に合わず届きましたよ(笑)

外観の違い


開封〜ってほど大層な品物じゃありませんケド
純正バッテリーと比べてみましたよ。

image.jpg

image.jpg

下のリンゴマークのあるのが純正品。上のが互換バッテリー。
形はもちろん同じですが色はちょっと光沢が薄い感じ。
でも入れてしまえば分かりませんしね。
MacBook13インチはA1280に対応というのが分かりづらいですが
それぞれに記載されています。

容量の違いは?


さて、装着してどのくらい変化があるのかしら?と使うのは
Macでバッテリーの容量を調べてくれるアプリがMac App Storeにあります。
Battey Health
こちらを使用しました。

まずは純正バッテリー。
オリジナル.png
MAXが5000 mAhに対して、4256 mAh。
だいぶへたってきてますね。てか、エネループのモバイルブースターより小さいし、
ダンボーバッテリーに至っては倍以上もありますよ…2時間持たない訳ですw

そして互換バッテリー。
互換バッテリー検証.png
5132 mAhでなんと、102.6%と純正のMAX値よりも上じゃないですか!
ちなみに装着してすぐくらいのバッテリー残量が80%でした。

やっぱり2本買っておけば安心感あったなぁなんて若干の悔しさはありましたが、
まだまだMavericksにも対応しているMacBook(Late 2008)は手放せません。

まだまだ現役のLate2008ユーザーの方は純正はもちろんお勧めですが、
互換バッテリーでまだまだ現役で使えますのでいかがでしょうか ( ´ ▽ ` )ノ





posted by zawatch at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月13日

最大3倍速いAirMac Extreme/Time Capsule

AirMac Extreme AirMac Time Capsule

さてさて、Mac Proに食べ物持って遊んでばかりでしたが、
もうちょっとちゃんと情報も出さなきゃですよね(笑)

日本国内ではドラフトとなっている802.11acですが、
BUFFALOなど国内メーカーからも続々と登場しています。
今までの802.11nの最大450Mbpsから、
802.11acは1300Mbps(ほぼ3倍)になるそうです。

まだ11acに対応したMacは今回発表と同時に発売された
MacBook Airのみではあるものの、今後発売されるMacは
対応しているというのでその頃には正式規格となるのでしょうね。

まだ対応しているMacを買ってからでいいとは思うけど
今使ってるAirMac Express(802.11n対応)が
AirPlay(旧AirTunes)が使えるベースステーションは
今回の2機種には対応してないみたいなのでそれを待ちたいと思います。


…ということで、
今日もApple製品をコラージュ(笑)←懲りてない(・∀・)

そもそも今回思いついたこととして、
Podcast番組「Apple News Radio ワンボタンの声」でパーソナリティをつとめる
山村さんのツイート、



こちらが気になってしまい、ロールケーキが入るくらいか〜〜。
そうか〜〜、ロールケーキなんだね。

ってことで。

AirMac Extreme


AirMac-Extreme.jpg

AirMac Time Capsule


Time-Capsule.jpg

作りました(笑)
AirMac ExtremeとTime Capsuleの違いがよく分からないので
全く同じものを流用ってことでw


今回はコラージュですがイラレです


実をいうと今回はAppleの製品写真をそのまま使った訳ではなく、
Illustratorの機能の一つ、3D機能(アピアランス)。
AirMac Extremeの形となる角丸を描いたあとに、
それを「3D・押し出し」で。

例として蓋の部分だけ出してみると、
こんな感じに〜。(上はアウトライン表示、下が見た目のデータ)
Illustrator 3D機能

そして天板部分のAppleマークは「マッピング」で。
3D・マッピング

ロールケーキの写真を元に本体の角度をパラメーターで調整しながら
AirMac Extreme本体と蓋部分を作ってみました(^_^)
と、こんな感じで最後にロールケーキと合成して完成。

MacProのはAppleのサイトのスクリーンショットから
他の素材をコラージュしてみましたが、
割と簡単な形をしているのでIllustratorで作って
色々と実験的な作品を作ってみました( ´ ▽ ` )ノ

まあ、なにやってんだろって話ですけどね(笑)



posted by zawatch at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月12日

今日のMac Pro(デザート)

1日1枚上げるのか?
(ってそこまでやらないしw)

ってことで今日のMacProはイチゴをチョコフォンデュでいただきます♪

チョコフォンデュ

Xeonの熱でチョコとろ〜り。




イチゴでかすぎるね(笑)



posted by zawatch at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月11日

新型MacPro(ご飯炊けません)

macpro.jpg

すっかり遊んでしまったMac Proですが…。




また遊んでしまいました(笑)



ささっと作ってアップしたんですけど、
今日1日通知センターが鳴り止みません…まだたまに鳴ってますw
Togetterだったり、NAVERまとめ、その他色々と取り上げて貰ったり
なんだか申し訳ないやら何やら…(^_^;

それにしてもみんなこぞって色々作ってます。
ここまで発表された時点で愛されるMacがあったでしょうか(笑)

さてさて、今回のWWDCは発表が盛りだくさん。
ここで書き連ねる前にすでに他のニュースサイトや
ブログでも詳細が書かれているのでここでは炊飯器のみとしましょう(笑)←おいw

詳しくはこちらのアプリからも見れますので
iPhoneやiPadからどうぞ〜。



今回ネタとして扱ってしまったMac Proですが
12コアの現行機種が出てからホント待ちましたね。
そしてWWDC直前で噂で持ち上がった光学ドライブレス。
蓋を開けてみたらリーク通りに光学ドライブレスに
HDDもなく、PCIeのSSDで従来よりも速いとか
良いとこずくめですね!(その分価格は高いんでしょうけど^^;)

まだまだ発売日も決まっていない、
いわゆる先行お披露目でしたので
店頭に並ぶまで気になるところですが
早くこの目で見てみたいものです( ´ ▽ ` )

OSが10.8までの猫科からMavericks、
iOS 7が噂通りのフラットデザイン。
それでも予想を上回るのがAppleというものですね。

今回発表と同時に発売なのがMacBook Airと
AirMac Extreme、Time Capsuleのみということですが
iPhoneとMacが今年もワクワクが止まりません(≧∀≦)



ideaco New TUBELOR ゴミ箱 ブラック

なんかこれもMac Proだとか言われてましたね(笑)



posted by zawatch at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする