2015年12月01日

DTPの勉強会第19回に参加

DTPstudy19.jpg

今年最後となる東京でのDTPの勉強会が先日11/29に開催されました。
前回久々の参加となり、今年参加したのは今回で2回目(^_^;
あまり参加できないまま今年最後を迎えてしまいましたが今回も会場は大盛況の中スタートです。

http://togetter.com/li/905967
DTPの勉強会 第19回「北村さん&樋口さん デザイン本出版記念セッション」 - Togetterまとめ


https://www.ddc.co.jp/estore/
DTP・印刷専門の電子書籍・デジタルコンテンツ販売サイト【印刷の泉】


詳しい内容などはつぶやきをまとめたTogetterを見ていただくか、
今後印刷の泉さんでアップ、販売されるセッションのフォローアップデータを購入でご確認いただけます。

今回のセッションはデザイナーの北村崇さん樋口泰行さんのお二人。
数々の著書を出されていますのでお名前のリンク先のamazon著作リストをご確認戴けると
お二人の著作を手に取られている方も多くおられると思います。
そのお二人の著書の中から今回最新版となるものからデザインについてお話し戴きました。

普段DTPのソフトからTipsや文字組など、画像処理についてなどが取り上げられる中、
北村さんのセッションはデザインセオリーがメインとなります。
デザインという面で人に情報を伝える上で大事なことを改めて学ぶことができました。
大学時代にデザインを学んではいましたが今の仕事に就くまでに忘れていたこと、
そしてデザイン業に携わっていたから身を持って理解していたけれど気付かされることが多いことに気付きます。
今回のセッションで取り上げている著書「ゼロからはじめるデザイン」からの紹介ではありますがご本人から直接説明してもらうと
本で読む以上に納得できることが多かったです。
時間の関係上全て紹介はできませんし、90分では学びきれなかったことは本を読んで学びたいと思いました。

続いて樋口さんのセッションではこれから出版される本(延びてしまっているそうな)から。
普段DTPの勉強会でお世話になっている樋口さんですが、今回はデザインのアイデアについてのお話しで
例えばタイトルと写真があった場合の見せ方で全面、左右2分割、上下2分割などといった3パターンから
さらに分ける割合や角度、写真のトリミング方法や文字の地の置き方などでも印象を変えたり
素材の画像解像度が低い場合や支給されなかったことなど、デザインをするに当たっての
起こり得るシチュエーションからの対応策。
今年発売を予定していたものが延びてしまって残念ではありますが、
出版されたら是非とも読みたい内容の樋口さんのセッションでした。

今回はスピーカー以外でも著作を手がけられている方が多く参加されていて
ジャンケン大会でも様々な本など提供されていました(残念ながらジャンケンに勝てず仕舞い…^^;)

この翌日も10倍ラクするIllustrator仕事術 【増強改訂版】 CS5/CS6/CC/CC2014対応 ~ベテランほど知らずに損してる効率化の新常識出版ツアーファイナルが開催されましたが、
自分は長野県で開催された時に参加したことや久しぶりの東京を満喫すべく不参加となりましたが
来年はまた参加できる勉強会があれば東京以外にも名古屋や大阪にも参加できればと思いました。

なかなか同業者の方と生で話せる機会が少ないですが
改めて参加して同じ悩みを共有したり業界あるあるを話したりと
懇親会でも賑やかに充実した時間を過ごせました。



posted by zawatch at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | DTP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック