2014年09月02日

あいこちゃんを救う会

あいこちゃんを救う会チラシ.jpg

先日久しぶりにコンビニで中学の同級生に会い、
しばらく談笑をしていると、クラスメイトだった娘が心臓移植が必要となり
募金活動を行うことを聞いて、今日ようやく長野県庁にて募金を求める記者会見が行われ
会見後に募金活動が正式に始まりました。

すでにTwitterなどSNSで情報拡散していますが、詳細は次の通り。

7歳女児に米で心臓移植を 長野の両親ら募金呼び掛け

 長野県諏訪市の会社員小松勉さん(38)の長女愛子さん(7)が米国で心臓移植を受ける費用計2億1千万円を集めるため、小松さんらが2日、長野県庁で記者会見し、募金を呼び掛けた。
 同席した主治医によると、愛子さんは2月に劇症型心筋炎を発症し、信州大病院に入院。大人用の補助人工心臓を付けて小康状態だが、早期の移植が必要という。10月中の渡航を目指している。
 4月、小学校に入学した愛子さんは一度も登校していない。母麻耶さん(33)は「楽しみにしていた学校に行かせてやりたい」と涙ぐんだ。
 問い合わせは「あいこちゃんを救う会」事務局、電話0266(78)3839。


映像ニュースはこちら。
重い心臓病の7歳女の子の支援呼び掛ける | NNNニュース


彼とはかれこれ小学校に入る前からの友達でした。
小学校6年間は別のクラスであったけれど、中学3年間は同じクラス。
高校の時の同級会は一度だけ行われ、最後にみんなで集まったのが成人式でしたが
まさか久しぶりの旧友の再会でこういうことを聞かされるとは思いませんでした。

生体肝移植などとは違い心臓移植は脳死などの臓器提供のみ行われます。
そして15歳以下ともなると国内のドナーは相当少ないそうです。
生まれつきではなく小学校に上がる時に風邪が原因で発症とのこと。
小学校に通う夢もあっただろうにその夢すらこのままえでは断たれてしまいます。

上記で触れたように15歳以下の心臓提供者は国内では限られており、
臓器提供者を求め渡米するための募金活動ですが、
米国本国でも心臓移植を待つ幼い子供がいることも重々承知しています。
反対意見も多くあるでしょう。その意見も理解出来ない訳ではありません。

今日の会見をニュースで見て母親である同級生の奥さんも涙ながらに
自分の娘の回復を望むコメントを残していました。
そして気丈に会見で募金を求める会見を行った同級生に涙がこみ上げてきました。

自分が今できること。
僅かながらの募金と、募金活動、そしてこういう形で多くの方に
今起きていることを知って貰おうとブログを書いています。

多くの新聞では募金の問い合わせ先のみしか触れられておりませんでした。



あいこちゃんを救う会

募金お振込み口座
口座名「アイコチャンヲスクウカイ」(あいこちゃんを救う会)
ゆうちょ銀行 記号11100 番号27984801

三井住友銀行 諏訪支店 普通預金 口座番号 4731244

八十二銀行 諏訪南支店 普通預金 口座番号 432880

諏訪信用金庫 下諏訪支店 普通預金 口座番号 1119729

長野県信用組合 下諏訪支店 普通預金 口座番号 8319462



詳しい情報は「あいこちゃんを救う会」ホームページまで。
http://aikochan.pw/

どうか、一人でも多くのご協力がありますよう宜しくお願い致します。


ラベル:諏訪 心臓移植
posted by zawatch at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。