2014年08月14日

諏訪湖花火大会に参加するなら入れておく必須アプリ

9701742736_a6e6b864f1_b.jpg

いよいよ明日、8月15日に開催される諏訪湖まつり諏訪湖花火大会ですが、
昨年は開始30分で大雨中止という過去に無い大惨事でした。
そこで今年はこれを入れておけば大丈夫!(でもないですが)な
アプリを2つ紹介します。

過去にこちらでも紹介したアプリですが、
県外からお越しの方は特にスマートフォンをお持ちの場合は、
駐車の際、大会開催中に必須と思われます。

LCV-FM 769


諏訪地域のコミュニティFMのサイマルラジオ放送アプリです。
花火開催中は花火中継も行われてますので現在打ち上げ中のプログラムも分かりますし、
交通情報なども放送されています。
何よりこのアプリの特徴としては各自治体の災害情報などもプッシュ通知で届くので
設定する必要がありますがいざという時の心構えにもなります。



Androidアプリはこちら。
GooglePlay

すわナビ



こちらは諏訪市の観光ナビアプリ。
かざしてその方向にランドマークが表示されるAR(Augmented Reality:拡張現実)アプリです。
観光地だけでなく花火大会当日の駐車場・仮設トイレ情報も出るそうです。(以下参照)
諏訪湖祭湖上花火大会情報の掲載
臨時駐車場、入場ゲート、券売所、救護及び案内所、仮設トイレの位置情報を掲載しました。
8月15日当日は、朝6時から30分ごとに臨時駐車場の空き情報を更新いたします。





Android app on Google Play


諏訪湖花火大会を最後まで楽しみましょう


アプリだけでは必ず災害に対応できるとは言えませんので、
事前に雨具(傘は他人の観覧の妨げのトラブルになります。カッパにしましょう)、
スマートフォンで情報収集される場合もジップロックや防水対策、
万が一の帰宅困難になった場合は余裕を持ったモバイルバッテリーなど、
各自準備をしておきましょう。

また、諏訪湖周辺には出店も出ておりますがそのゴミをその辺に放置したり、
生け垣の間に捨てるのはもってのほかです。
持って帰れとは言いません。所定のゴミ捨て場が各地の用意されてますので、
お帰りの際にそちらに捨てるようにして下さい。またそのゴミをまとめるためのゴミ袋など
持ってこられると捨てる際にも手間が掛からないと思います。
(袋が雨具になることもあります。多めに持ってきてもいいでしょう)

花火が観光資源の街として、放置されたゴミを見るのは切ないものです。
昨年の大雨で急に避難した影響もありましたがテントやBBQセットまで湖畔に放置されていました。
湖畔で観覧してビニール袋など放置していたものが諏訪湖の湖面にも流れていました。
水質が昨年より悪化したとも聞いていますが、綺麗な諏訪湖にご協力頂けたら幸いです。

このブログを諏訪湖の花火大会の前日に目を通している人がそんなにいないと思いますが、
少しでも昨年の様な被害に遭われないことと、祭の後のゴミが少しでも少ないことを祈ります。


posted by zawatch at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 諏訪のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。