2014年05月18日

博物館の日

知ってました?

この日は博物館の入館料が無料になるらしいので下諏訪町の諏訪湖博物館・赤彦記念館に行って来ました。

1284B8B4-43EE-44C8-9CFC-2C18DBFE8560.jpg

こちらの建物は昨年プリツカー賞を受賞した伊東豊雄さん建築によるもの。
中学まで下諏訪町で過ごしたことに由来しているそうです。

諏訪湖の漁をする船をモチーフにされていて、湖畔沿いを走っていると常に目に入り気になる建物です(^_^)

今回の展示は、「時計作りの歩み」。
セイコーエプソンで長年チーフデザイナーを勤めていた岡谷哲男さんが企画されたもの。

4019C465-5185-4462-9B11-DB5AC366B676.jpg

現在のセイコーエプソンの前身となる第二精工舎と大和工業の歴史からその時代に作られた腕時計の展示があり、
現在に至るまでの歴史をぎゅっと詰め込んだ内容です。

戦中から戦後を経て高度経済成長の時代、特に自分の両親が精工舎の系列企業で働いていたこともあり、
その時代に作られた時計は母親も当時を懐かしんでいました。

かくいう自分もセイコーエプソンのデザインセンターの存在は大学でデザイン学科にいた頃にも知っていて、
もし卒業後に地元で働くことができたならばと考えた時期もありました。
叶いませんでしたが(^-^;

日本のスイスと呼ばれる諏訪に生まれて、
こうした時計製造の歴史を学ぶことができてとても有意義な時間を過ごせました(^_^)


ちなみにこちらの博物館併設の赤彦記念館。
島木赤彦も地元出身で生家もありますが、
資料や書簡、写真など大人になって改めて学ぶことができました。

地元出身の文学者は数多くいるのに、
まだ作品にあまり触れていないのでもっと読まなくては(^-^;

建築に工業製品に文学を一度に触れることができるいい機会です。

無料は本日のみですが、お近くに寄る機会がありましたらいかがですか?( ´ ▽ ` )ノ
6/22まで開催中です!



posted by zawatch at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。