2012年12月13日

iOS向けGoogleMap

都道府県道(とみちふけんみち)とかガンダム駅とか、大王製紙空港とかとか
色々と騒ぎになったiOS 6用のAppleの地図でしたが、
ここでようやくGoogleマップがアプリとして登場しました\(^O^)/
Google, Inc. - Google Maps

早速ダウンロードして驚いたこととして、
・ナビが音声ナビに対応(おまけに発音もちゃんとしている!)
・Google Earthとの連携
・iOS 6標準マップと同じく地図がベクトルで回転・俯瞰可能

他にも色々あるんですがとりあえず気付いたところです。

IMG_5379.PNG
ナビはこんな感じで今までのiPhoneでのGoogleマップを利用した地図から
一変してナビアプリとして使い勝手がよくなっていました。

IMG_5377.PNG
都心の地図はこんな感じ〜

ちなみに、3D表示した時には二本指に縦スワイプで
標準と俯瞰にできますが、iOS 6標準の地図が上に縦スワイプに対して
Googleマップは下向きに二本指に縦スワイプで俯瞰になります。
ここは使い方がおや?となってちょっと戸惑いました。

あと、左下にある矢印アイコンを一回タップすると現在位置。
青い状態で再びタップすると電子コンパスで
現在自分が向いている方向が上向きとなります。
IMG_5382.PNG

ちなみに、今回のアプリを立ち上げるとまず聞かれるのが
Googleアカウントでのログイン。
こちらはログインしなくても地図を見れますが
IMG_5385.PNG
こちらの様にプロフィールのところから左矢印で戻れば地図の画面になります。

ただ、Googleのアカウントでログインすると
検索の際に履歴を見れたり、自宅や職場の住所登録など
ウェブのGoogleマップとの連携なども可能となるので
この辺に抵抗がなかったり、規約を承諾の上でご利用になれたらと思います。
IMG_5386.PNG

そのほかに、iOS 5の頃にも地図アプリに搭載された
ストリートビューも復活しています。
ウェブの様に道路にストリートビューの人型アイコンをドラッグするのとは違い
一度地図上にピンを立てて画面下に住所が出てくるので
そこを上に引き延ばして上げると対応しているところは
ストリートビューへと切り替わります。

そんなことでiPhone 5での画面(横向き)でのストリートビュー画面。
IMG_5388.PNG
(知る人ぞ知る焼肉交差点ですw)

今日はGoogleマップで湧いたTwitterのタイムラインでしたし
各ニュースサイトやブログでも取り上げられているので
詳しい機能などごらんになれると思います( ´ ▽ ` )ノ


posted by zawatch at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。