2012年03月23日

Photoshop CS6β出ました

ついに来ました!Photoshop CS6(Ver.13)のβプレビュー!

アップグレードポリシーの変更騒ぎで色々ありましたけど
一応自分の持っているCS3からもアップグレードできるということもあるし
業界標準フォトレタッチソフトですし触っておかなきゃと
早速ダウンロードしてみました。

ps6eta_main.jpg
ダウンロードページはこちらから

まず、インストールして現れるスクリーン。
スクリーンショット 2012-03-22 23.57.46.png
ここで購入画面とか出てくるあたりが商売上手っていうかなんていうか(^_^;

そして起動中のスタートアップスクリーン
SUPERSTTISION
今回のPhotoshopCS6は1.0から数えると13。
海外では13は忌み嫌われる数字ですし今回のコードネームは
「SUPERSTTITION(迷信)」だそうです。
このコードネームのスタートアップスクリーンはOptionを押しながら
アプリケーションメニューからも製品版からも見れたりなので
現在お持ちのPhotoshopも出てくるので試してみることオススメです。

そして、起動して最初に驚いたのが、
PhooshopCS6
グレーのインターフェースに今までMac版のPhotoshopでは馴染みの無い
背景(?)の部分。Windowsならこれが当たり前だったりなんですが、
Macだとフローティングメニューとかじゃないとなぁ〜、
あとはパネルの色が・・・な訳で、パネルの色の変更から。

環境設定
>アプリケーションメニュー>環境設定>インターフェースから
まずパネルの色を段階的に変更できたりとか、
タブ化を解除できたりなどはこちらから変更できました。

で、これを設定しても背景のは取れなかったりで慌てました・・・。

Twitterでこのへんを問いかけたところお返事をいただき、
「ウィンドウ」メニューの「アプリケーションフレーム」のチェックを外すと
あらまあ、なんと!従来通りのインターフェースに戻りました ( ´ ▽ ` )ノ
スクリーンショット 2012-03-23 0.28.25.png
場所は↑を参照のほど。(青い部分を選ぶとチェックのON/OFFです。)

「コンじる」とか、修復ブラシパレットに「コンテンツに応じて移動」があったりとか、
目新しい機能があったりとまだまだ試してない機能も盛りだくさんですが、
フィルタの機能で見かけた目新しいツールからちょっとご紹介。
油彩
いわゆるあれですね、ゴッホ風?
こういうのもフィルタからすぐに呼び出せるようになるとか
アーティスティックとかにあった気がしたんですが、
直下に出てたので最初に試してみました。

そしてもう一つ。
チルトシフトぼかし
最近iPhoneのカメラアプリでもお馴染みのチルトシフトです。
グラデーションでアルファチャンネルを作ってぼかし用のチャンネル作って
ガウスを掛けたりとかレンズぼかしなんてやってましたが
これは直感的で分かり易いし、何より細かい設定ができて
カメラっぽい感じがいいですね!

CS3を使っていたのでタブとかも未だ慣れませんし
試用期間めいっぱい使い倒してみたいと思います〜!





posted by zawatch at 23:14| Comment(2) | TrackBack(0) | DTP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今頃ですが、黒枠が無事に外れました。
しかしインターフェースの変更というのはユーザーがかなり戸惑うので、デフォルトでは変えないで欲しいですね。
何となく前と同じになったので取りあえず使ってみようと思います。
ありがとうございました。
Posted by Hatti at 2012年03月25日 15:47
>Hattiさん
遅レスすみません。
無事、黒枠はずれてなによりです!
Windowsのインターフェースに合わせる傾向なのか、
Macもフルスクリーンになるからなのか、
ちょっと戸惑うから一発で従来のUIに切り替えられる様にしてもらいたいもんですよね。
Posted by ざわ at 2012年04月03日 19:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。