2011年09月23日

ワコムの新製品体験イベント

cintiq24hd_event.jpg

本日、ワコムの東京支社(docomoのCMでお馴染みの中野坂上。道路工事が終わってて知らない街に!)で
新製品体験イベントに行ってきました。

以前ブログにも書いたCintiq24HDと昨日WBSでやっていたInklingも
どんなもんなのか気になってたので楽しみでした。

まずはCintiq24HD。
cintiq24hd1.jpg
気になっていた裏側とか、液晶を寝かしたり起こしたりするのを見せてもらったりとか
結構話に夢中で写真を取り損ねてますが重量はそこそこありますがそれぞれのところで
カチッと止まります。重さはやっぱりあるけど台座もそれなりに重いので
テーブルから結構滑るのは気になりましたがそこは下に敷くシートで固定すればいいと思う印象。

Cintiq21UXに比べるとかなり低い位置まで寝かせることが出来るので
実際にペンで描く作業をするには格段に自然なスタイルで描けそうな気がしました。
(自分の場合はモニタとしてしか使ってないので色々言えないですけどね^^;)

垂直に立てる時は台座のところにクッションがあるので固定できますが、
ちょっと斜めにする時に、モニタの下部に折りたたみで収納されている足があるので
そこで支えるということでその写真。

cintiq24hd2.jpg

スタッフの方に話をさせてもらってて分かったこととして、
今回ケーブルは台座の後ろにVGAケーブル、DVIケーブルなどが収納出来るようになっていて
使う種類に応じて内部で接続をして不必要なケーブルが出ないスッキリな仕様になってるとのこと。
MacとWinそれぞれありましたがMacにはMini DisplayPortからVGAケーブルで接続されていて
DisplayPort(Miniじゃないやつ)がどうなってるのかは見ることができませんでした。
その辺はちょっと気になったんですけどね(^_^;
台座と液晶本体を支える支柱2本にケーブルが通っているので
回転というのは出来ないけどそれは納得な感じですよね。

そしてInklink。
inkling2.jpg

linkling1.jpg
Cintiqで遊んでいた後でと思っていたらこっちの方が昨晩のWBS効果もあるのか
待ちの人が多くて実際に紙に書いて取り込むまでは時間が掛かりそうでしたので
本体を触っての写真をパチり。
USBケーブルやペン、受信装置やボールペンの替え芯が全て1つのケースに収まってます。
これだと外でノート1冊とこのケースを持って出掛けて
帰ってからパソコンに取り込めばいいのでアイデアを外でメモを取る人は
デジタルデータを取り込む方法としShotNoteなどの選択肢が増えるでしょうね。

Cintiq24HDは重量的なこともあるけど、お値段的にも相当なウェイトがあるので
買うとしたら宝くじが当たるか汚れたお金(笑)が手に入った時になるでしょう。

って汚れたお金って何だよって感じですけども(笑)


ラベル:tablet WACOM Cintiq Inkling
posted by zawatch at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Gadget | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。