2017年09月28日

BenQ「カラーマネジメント液晶ディスプレイSW2700PT」レポート

前回のブログエントリに続いてBenQ様よりモニターいただいたものになります。
BenQアンバサダー登録はこちらから

1437128347thumb.jpg
今回はカラーマネジメントディスプレイでフードもついており、
よりデザイナー向けの仕様となっているのが特徴とのこと。
実際に仕事で使えたらよかったのですが、素材的に載せられるものがなく
期間も迫って来てしまったいたので使い込むまでに至らなかったのが残念です。

IMG_8058.jpg

IMG_8061.jpg

遮光フードが標準で付いてくるのもデザイナー向けとしてもありがたいところですし
キャリブレーターを利用する場合の小窓もちゃんとついているのが嬉しいポイントです。

IMG_8060.jpg

キャリブレーション.png

キャリブレーターがあればディスプレイに対応したソフトで管理もできます。
(残念ながら持ってないので試せませんでした)

IMG_8057.jpg
また、OSDコントローラーで映像モードの切り替えも楽に行えます。
ディスプレイのファンクションでもできますが、直感的なボタンでアクセスもしやすくなっていました。

IMG_7989.jpg
IMG_7990.jpg
IMG_7991.jpg

Adobe RGBを選べたり、モノクロへの表示切り替えもできるので
写真の編集はもちろん、DTPでの作業も大画面でページ全体が見開き表示でも行えました。
flicker.jpg
Flickrを全画面表示で出してみましたが複数枚並べても余白が出るほど。
ノートPCでは結構手狭感がありましたがここまで広いと写真管理もしやすいです。


amazonでの価格を見てもコスパのいい部類のカラーマネージメントディスプレイだと思います( ´∀`)ノ
posted by zawatch at 00:26| Comment(0) | DTP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする