2016年03月11日

3月11日

またこの日が来ました。

5年前の3月11日、東北大震災。
一昨年訪れた気仙沼の今がテレビに映し出されて
まだまだ2年前と比べてもまだまだ元通りの街に戻っていないようでした。
陸前高田の一本松も映し出されましたが変わったのは巨大なベルトコンベアが無くなったこと。
ただ、これから街としての再開発がこれから始まるだけで
人がここで生活できるまではまだまだ時間が掛かりそうだと感じました。

5年経ってもまだ行方不明の家族の帰りを待つ人も映し出され
毎年この日にカメラの前に立たされるということも胸が痛みました。

昨日までは東京五輪の競技場だのなんだのニュースで取り上げられていて
今日1日は東北のことをようやく映し出す。そんなのでいいのでしょうか。
地元長野県も5年前の3月12日栄村の震災に加え木曽の御嶽山噴火、水害被害、
そして長野県北部地震もまだまだ記憶に新しく、海が無いと言っても津波以外の心配が付きまといます。
自分の住む諏訪地域も10年前に岡谷の豪雨被害で大勢の人が被害に遭い、犠牲者も出ました。

今日だけ思い出すだけではいけないと思いながらも
自然災害はいつ何が起こるか分からないので日々の心がけが大事ですね。

災害の被害に遭われた地域の皆様が1日でも早い日常生活に戻れることを願いつつ
災害に強い世の中になってもらえたら。そう思う今日1日でした。
posted by zawatch at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする